2007年12月28日

こどものじかん 第1話〜第12話最終話

こどものじかんストーリー

年度途中で、とある小学校に赴任した、まだ新任の青年教師・青木。着任してすぐ、3年1組の担任になるが、そのクラスはある問題が起き、前任の教師が辞めたところであった。
教師による児童いじめ、逆に児童による教師いじめといった、現実の教育現場で起きている問題をモチーフに、個性的すぎる児童たちに振り回されつつ、困難な問題の解決に努力する若き教師の苦悩と成長を描く。
りんの奔放さ、とくにあけっぴろげに青木を誘惑するシチュエーションで話題を呼び、1巻の初版は瞬く間に入手困難となった。後に秋葉原の専門店では新刊を900冊近く山積みにするところも出た[1]。
ただしあくまで一般向け作品であり、扇情的な場面で読者を引っ張りながら、子供と大人の交流の難しさなどのシリアスな要素を読ませる面もある。作者自身もまた「一般誌の限界に挑戦」しつつ「エロ漫画ではない」と語っている。
作中の時間経過により、当初3年生だったりんたちは4年生に進級している。


こどものじかん 第1話「なかよしのいっぽ」



こどものじかん 第2話「にこにこのごほうび」
こどものじかん 第3話「すくすくそだて」

こどもにじかん 第4話「わたしのおかあさん」
こどもの時間 第5話「なつやすみのとも」
こどものじかん 第6話「おもいで」
こどものじかん 第7話「りんかんがっこう」
こどものじかん 第8話「だっこしてぎゅっ」
こどものじかん 第9話「やきもちドリル」
こどものじかん 第10話「ひとにやさしく」
こどものじかん 第11話「みんななかよく」
こどものじかん 第12話(最終話)「こどものじかん」
posted by youtube at 23:00 | こどものじかん
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。